人材紹介・人材派遣

人手不足でお悩みの会社様は、多いことと思います。 当事務所では、外国人の人材紹介も行っています(当事務所が顧問をする人材紹介会社が、外国人人材をご紹介いたします)。

当事務所代表行政書士が顧問を務める人材紹介会社が、責任を持って条件に合う外国人をご紹介いたします。

 

当事務所が、特に注力している人材紹介の分野は、以下になります( 法務省HP「分野別運用方針について」)。

 

【 宿泊 】 ~ ホテル、旅館

人材基準

2019年4月から始まる、特定技能の試験(宿泊業技能測定試験)に合格していることが必要です。 当該試験は当面、日本国内でのみ実施されます。 なお、政府発表では、今後5年で2万2千人の受入れが見込まれています。

会社の基準

①「旅館・ホテル営業」の許可を得ていること

② 風俗営業関連の施設に該当しないこと(いわゆる、ラブホテルではなくビジネスホテルであること)

③ 風速営業関連の接待を行わせないこと、 など

 

 

【 外食業 】 ~ レストラン、居酒屋など

人材基準

2019年4月から始まる、特定技能の試験(外食業技能試験)に合格していることが必要です。 当該試験は当面、日本国内、及びベトナムで実施されます。 なお、政府発表では、今後5年で5万3千人の受入れが見込まれています。

会社の基準

① 風俗営業関連の事業所に該当しないこと

② 農水省が組織する協議会に参加し、必要な協力を行うこと

③ 農水省が行う調査又は指導に対し、必要な協力を行うこと

 

 

【 飲料品製造 】 ~ 食品工場など

人材基準

① 2019年4月から始まる、特定技能の試験( 飲食料製造業技能測定判定試験 )に合格していることが必要です。ただし、当該試験の実施は2019年10月に実施予定のため(政府発表による)当面は以下②の人材紹介となります。

② 食料品関連の職種における、技能実習3年を修了した者(技能実習2号修了者)。 具体的には、技能実習生として、かまぼこ製品製造、ハム・ソーセージ・ベーコン製造、パン製造、惣菜加工、など、食料品製造業に従事していた者が広く該当します。これらの外国人は、上記①の試験が免除されます。なお、政府発表では、今後5年で3万4千人の受入れが見込まれています。

会社の基準

① 農水省が組織する協議会に参加し、必要な協力を行うこと

② 農水省が行う調査又は指導に対し、必要な協力を行うこと

 

人材不足にお悩みの会社様は、お気軽にご連絡ください。

ページ上部へ戻る