特定技能ビザ

1.特定技能とは?

2019年4月1日から始まる、新しい「就労ビザ」です。

日本で初めて、現場作業などの「単純労働」を全面的に認めた就労ビザです。 人手不足の解消につながるとされています。

今までは、会社が外国人を雇用する場合には、「技術・人文知識・国際業務」という就労ビザを取得する必要がありました。 しかし、このビザは仕事内容が一定程度学術的でなければなければならないとともに、外国人も学位を持っていなければならない(大学や専修学校 卒業)など、取得が難しいビザでした。

一方、特定技能の場合には、外国人の学歴は関係なく、仕事も学術的である必要はありません。

下記に、「特定技能」を取るための条件を書きたいと思います。

2.どんな会社がビザを取れるの?

(1) 特定技能が取れる会社は、以下の14分野です。( 法務省HP「分野別運用方針について」)

介護

老人ホームなどでの身体介護  ※訪問系サービスは対象外

ビルクリーニング

建築物内部の清掃 ※人の居住しないテナントビルが対象です。

素形材産業 

金属プレス、鋳造(ちゅうぞう)、鍛造(たんぞう)、ダイカスト、機械加工、溶接、工場板金、機械検査、機械保全、塗装、めっき、アルミニウム陽極酸化処理、仕上げ

産業機械製造業

金属プレス、鋳造(ちゅうぞう)、鍛造(たんぞう)、ダイカスト、機械加工、溶接、工場板金、機械検査、機械保全、塗装、めっき、仕上げ、電子機器組み立て、電気機器組み立て、鉄工、プリント配線板製造、工業包装、プラスチック成形

電気・電子情報関連産業

金属プレス加工、機械加工、溶接、工場板金、機械保全、塗装、めっき、仕上げ、電子機器組み立て、電気機器組み立て、プリント配線板製造、プラスチック成形、工業包装

建設

型枠加工、土工、内装仕上げ/表装、左官、屋根ふき、コンクリート圧送、電気通信、トンネル推進工、鉄筋施工、建設機械施工、鉄筋継手

造船・船用工業

溶接、仕上げ、塗装、機械加工、鉄工、電気機器組み立て

自動車整備

自動車の日常点検整備、定期点検整備、分解整備

航空

空港グランドハンドリング(地上走行支援業務、手荷物・貨物取扱業務など)、航空機整備(機体、装備品等の整備業務など)

宿泊(ホテル・旅館)

フロント、企画・広報、接客、レストランサービス等の宿泊サービスの提供

農業

耕種農業全般(栽培管理、農作物の集出荷・選別など)畜産農業全般(飼養管理、畜産物の集出荷・選別など)

漁業

漁業(採捕、処理、保蔵など)

飲食料品製造(食品工場)

食料品製造業全般の製造・加工、安全衛生(酒類を除く)

外食業

外食業全般(調理、接客、店舗管理)

 

御社が「特定技能」の範囲に入る会社かどうか、お気軽に当事務所にお問い合わせください。

 

3.どんな外国人が「特定技能ビザ」を取るの?

原則として、日本語の試験と実技試験に合格した外国人が要件(条件)を満たします。

例外的に、技能実習生3年を終えた方(技能実習2号を修了した方)は、試験免除となります。 この場合、技能実習をした分野と就職する分野(上記14分野のうちのどれか)は、一致する必要があるとされています。

当事務所では、外国人の人材紹介も行っています。 当事務所代表行政書士が顧問を務める人材紹介会社が、責任を持って条件に合う外国人をご紹介いたします。

 

4.  最新の試験情報(介護、宿泊、飲食業)

介護、宿泊、飲食業の3分野のみは、来月4月から技能試験が実施されます。 最新の情報は、以下のとおりです。

(介護)

4月は、マニラ(フィリピン)でのみ、実施のようです。 下記は、厚生労働省のHP中の該当ページです。英語での案内もございます。

添付されているサンプル問題を見る限り、比較的平易です。 なお、介護のみは、技能試験の他に、介護分野だけの日本語試験が課されています。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_000117702.html

(宿泊)

3月中旬には発表予定とありますが、国交省が委託した試験実施期間のHPは、まだメンテナンス中となっています。

https://caipt.or.jp/


(飲食業)

下記のHPにて、すでに発表されています。 ベトナム、日本(東京、大阪)開催です。 ページの最後にテキストがついていますが、内容自体は比較的難しいと感じています。

 https://www.jfnet.or.jp/contents/gaikokujinzai/

 試験の受験を検討なさっている方は、こまめに情報をチェックするとともに、早めの準備・勉強をお勧めします。

 皆様の合格を祈念しております。

ページ上部へ戻る